Make your own free website on Tripod.com
 

masterdisc maniax

 
 

ここでは、マスターディスクのCDについて、重箱の隅をつつくような議論を展開している.
人によっては、「そんなことどーでもいいやんけ!!」と言われそうだが、徹底的にやるのが
このHPのポリシーなので、笑って許して頂きたい.

第一弾は、一部で有名な(笑)SESSIONSのジャケ違いについてである.


Limited BoxのSESSIONSの謎


ご存じの様に、マスターディスクはこの(1999年)1月に、今までのCDを総括した
BOXセットを出した.そのなかのSESSIONSのジャケに2種類存在することが最近
明らかになった.すなわち、白黒ジャケ(左)と青ジャケ(右)である.




どちらも、BOX SET中のGOLD DISCであることを示すシールが貼ってある.
これらのジャケは、どちらも有名で、SESSIONSのブートと言えば、どちらかの
ジャケを採用していることが多い.どちらも公式発売されるのに作られたようだが、
本当にリリースされていたらどちらになっていただろうか.
尚、この青ジャケはマスターディスクでも、97年にシングル盤との2枚組でリイシュー
されたときに使われている.(未HP化)
さて、この二つのジャケが、BOX SETに採用された.どういう基準で振り分けられたか謎だったが、
今まで、色々な方の限定番号をお聞きしたところ、
1〜200番:白黒ジャケ
201〜250番:青ジャケ
番号無し(通常盤):青ジャケ
だと思われる.(99/10/7加筆修正)

さらに


Limited BoxのAtlanta '65の謎


これは謎という程のものでもないが、Atlanta '65には、BOX SETではライブ写真が
おまけでついている(memoralibia参照).これが、僕のには2枚ついていた.
(CDのプラケース内に1枚.箱内に他のおまけと一緒にもう1枚)
他の人には、1枚しかついていない人もいて謎だったが、皆さんのご協力により
かなりのことが分かってきた.
つまり、SESSIONSジャケ同様、
1〜200番:2枚
201〜250番:1枚
番号無し(通常盤):1枚
ということであろう.でも、同じのが2枚入っていても....
できれば、他のにして欲しかったところだ.
(99/10/7加筆修正)


Limited BoxのGET BACKの謎


これも些細なことだが、初回限定GET BACK(2枚組)と、BOXのGET BACKには
いかのような違いがある.どちらも限定番号はなし.

・ケースの色は違う:初回;黒、BOX;白
・おまけの形状が違う:初回;ポスター(CD内に折り畳まれている)、BOX;カード
・ROOFTOPのCD盤の文字色が違う:初回:緑、BOX:薄青
・インサートの色が違う:初回:薄赤、BOX:薄青
・CDのマトリクスナンバーが違う:(下参照)

もちろん、BOX SETのほうはGOLD DISCであり、初回盤とは異なる.

また、GET BACKは、マスターディスクのCDのなかでもベストセラーだそうだが、
その名に恥じず(?)、1枚ものにも異なるパターンがある.


GET BACKの裏ジャケの謎


ここでは、1枚物の方に焦点をあてる.
このGET BACKには、2枚組のGET BACKの後、限定番号入りで出たものと、
そうでないものがあるが、なんと裏ジャケが異なる.(下参照)
限定版号入りの方は、99年9月の新作GET BACK限定3枚組で再発された.



さて、どんどんマニアックになってきたが、皆ついて来ているだろうか?(笑)


ジャケ厚の謎


マスターディスクのジャケは、厚くてしっかりしており、ビニルコーティングされて
いるので有名だが、恐ろしいことに、タイトルによっては、どんどん厚さが
うすくなっていっていることに気づいた.これは非常にせこいと思う.
BOX SETでは、SESSIONSとATLANTA以外はペラペラだ.
GET BACK(2枚組)も、初回盤とBOX盤では厚さが違うし、
GET BACK(1枚物)も、厚さが違う.
全部、同じレベルでいって欲しかった.....
マスターディスクの唯一の失敗と言ってよい.
尚、再発盤というのは、Peter SellersとGET BACKについては、
最近、新品が売っていたので、再発(再プレス盤)が存在すると判断した.
Peter  Sellersは、通常盤はジャケ厚が普通に厚いのに対し、再発盤は
BOX SET同様に薄い.どちらも限定番号はないので、違いはジャケ厚のみである.
表には、未所有のものがあるため、いくつか空欄になっている.
もしお持ちの方は、情報頂けると嬉しいです.通常盤とは、限定番号なしのものです.

是非御一報下さい.


  限定 通常 再発 BOX GOLDDISC
PETER SELLERS TAPE
SESSIONS  
GET BACK(2枚組) --- ---
GET BACK   ---
ROOF TOP      ---
DECCA AUDITION    
SECRET SONGS IN PEPPERLAND    
CANDLESTICK PARK  
ATLANTA '65    
PRIMAL CLOURS    
JAPAN 1966 厚(ちょっと薄い?)     厚(ちょっと薄い?)
SESSIONS re-issue 厚(ちょっと薄い?) ---  ---  ---
BACKYARD SPOOL --- --- ---

 

さて最後は極めつけ


マトリクスナンバーの謎


マトリクスナンバーは、そのCDのプレス情報を特定できるものだが、マスターディスク
のCDについても調べてみると、結構タイトルによって違うことに気がついた.
プレス工場が違うのか??初回盤と、GOLD DISCが異なるということであれば
理解できるが、初回盤と通常盤で異なっていたり、謎はつきない.
一つ言えるのは、限定盤と、通常盤は異なる事が多く、通常盤はBOXのものと似ていることが 多い.
通常盤はGOLD DISCではないので、BOXのプレスが異なるのはGOLD DISCであるせいではない.
経費削減のためだろうか?
IFPIナンバーは、関係者の方にご迷惑がかかるといけないので、情報を載せていない.(99/10/26修正)
これも、空欄の物について、もしお持ちの方は、情報頂けると嬉しいです.
CDの裏から見ると分かります.

是非御一報下さい.


  限定 通常 BOX GOLDDISC
PETER SELLERS TAPE MG 802 NI-891 NI891 L112,
SESSIONS MG803A NK991 NK991下とぎれ,
GET BACK MK891 NI-892 NI-892
ROOF TOP  MK892   NJ939B
DECCA AUDITION MK 893   NJ940
SECRET SONGS IN PEPPERLAND 24969 <01> ++++++++ MDCD-006   NI-893
CANDLESTICK PARK 24970 MDCD 007 (K)プラ部分曇り NI894A  N1894B,barcode
ATLANTA '65 PA5122A   PA5122A
PRIMAL CLOURS PG2072/font> PG5075, barcode PG5075 , barcode
JAPAN 1966 SMA 14019 MDCD 010 GOLDCD SMA 14019 MDCD 010 GOLDCD  SMA 14019 MDCD 010
JAPAN 1966 SMA 14020 MDCD 011GOLDCD SMA 14020 MDCD 011 GOLDCD  SMA 14020 MDCD 011
session single for re-issue SESSIONS SMA 16155 MDCD 012  --- ---
BACKYARD SPOOL --- --- MDCD-013
GET BACK&WBCN MD CD 014 GOLDCD   ---
GET BACK&WBCN MD CD 015 GOLDCD   ---
GETBACK 1st mix NI892A,barcode GOLDCD   ---


Special Thanks to Mr. 青ちゃん, Mr. Forever, Mr. Garp, Mr. Sakaki, Mr. ケイタ, Mr. Koji.O, Mr. Bayard, Mr.野崎, Mr.よこすか人,Mr.Kusumi